Lumion11がリリースされました。新機能をご覧ください!

 

正投影のビュー、アニメーションのフェージング、ガラスに雨滴が流れ落ちる。Lumion 11には、レンダリングに命を吹き込み、美しい結果を生み出すためのエキサイティングな新機能やツールが搭載されています。

目を閉じて、あなたのデザインをリアルに視覚化してみてください。何が見えますか?どのように感じますか?

Lumion 11を使用すると、デザインのビジョンを実現することがこれまで以上に簡単になりました。 正投影などの新機能により、色彩や独自の雰囲気や臨場感に満ちた平面図や断面図を作成するのに必要な労力が軽減されました。フェーシングをアニメーション化することで、建物の各部分がどのようにつながり、どのように相互作用しているかを示し、見る人との対話を生み出すことができます。

雨滴がガラスを伝い、ボリュームのある炎が柔らかな輝きを放ちます。 草は柔らかく、光と影はより正確です。 ワークフローとパフォーマンスの向上から、生活のニュアンスを捉えた革新的な機能まで、Lumion 11はあなたのプロフェッショナルな作品に活力を与え、レンダリングプロセスに喜びをもたらし、建築家であるあなたが本当に重要なことに集中できるようにします。

 

Lumion 11の新機能の概要

正投影

平面図、断面図、立面図からアイソメトリック図まで。

設計プロセスの各段階でLumion 11の新しい正投影ビュー機能を使えば、すべてのレンダリングに臨場感、色、テクスチャを埋め込むことができます。一般的な図面を、洗練された唯一無二の画像や動画に瞬時に変換します。他のソフトウェアに頼ることがないため、レンダリングの連続性を維持することができます。

数回クリックするだけで、エキサイティングで生き生きとした平面図、断面図、立面図、アイソメビューを作成し、設計プロセス全体を通してシンプルで美しい視点を表現できます

フェージングエフェクト(Proのみ)

CentricBambooとGorillaDesign提供モデル

空白の風景から始まり、 地面からゆっくりと木々が浮かび上がる。住宅の壁が空中から現れ、リビング、寝室、キッチンの家具は空から降ってくる。

新しいアニメーション、フェージングエフェクトを使用すると、アニメーションの力を使用して、デザインの開発や建設のプロセスをアニメーションの力で表現することができます。 さまざまな変化や、建物の一部を見せたり消したりして、あなたの建物を創造的でユニークなものにします。

雨筋(Proのみ)

雨が降っていて、外に出る必要がないときは、暖かいお茶を飲みながらソファで丸くなって、穏やかな音楽をかけて、ガラス越しに雨粒を見ています。

このような時には、安らぎを感じたり、喜びや憂いを感じたりすることができます。そして、Lumion 11では、降水エフェクトの一部である新しい雨筋オプションを使って、この普遍的なムードを表現することができます。

何時間もかかってしまうような、心を掴むダイナミックでインテリジェントな雨粒が何十個もガラス面を伝うディテールの作成をスライダーをわずかに動かすだけで完了できます。

ボリュームのある炎 (Proのみ)

火の柔らかな輝きは人を引きつけることがあります。Lumion 11では、新しいボリュームのある炎のオブジェクトを使って、火の温かみのある、居心地のいい雰囲気を作り出すことができます。新しいボリュームのある炎を追加するだけで、インテリアやエクステリアのレンダリングに心地の良さと暖かさを与えることができ、見る人を自然に空間に引き込む高揚感のある雰囲気を作り出します。

スポットライトのマイクロシャドー

Angello Marques Arquitetura eDesign提供モデル

シャドーエフェクトを使ってLumion 11の詳細な影をオンにすると、スポットライト用の新しいマイクロシャドーがアクティブになり、スポットライトを照らす場所の細部にソフトなグラデーションの影が適用されます。

余分なステップは必要ありません。クリックするだけで、シーンに引き込まれるような奥行き感と臨場感が生まれます。

芝生のライティングの改善

Beehive&KingCrab提供モデル

Lumion 11では、新しく改良されたグラスライティングテクノロジーが、建物のデザインと芝生のある大地を結びつけ、レンダリングの視覚的な体験を感覚的なものに変えてくれます。

カスタマイズ可能な3D芝生マテリアルやランドスケープの芝生を含むすべての芝生マテリアルは、何の労力も必要とせずに、より柔らかく、現実の風景を表現することができます。

メタリックカーシェーダー(Proのみ)

Lumion 11 Proの新しいメタリックカーシェーダーを使えば、あなたのレンダリングに登場する車は、実物とほとんど見分けがつかないほどリアルなクオリティになります。 レンダリング中のすべての要素や光が車のシャーシや窓に反映され、車がプロジェクトの周囲の環境に瞬時に溶け込みます。

401の新しいオブジェクト(一部Proのみ)

日々の生活をレンダリングすることは、4つの壁と屋根を視覚化する以上のことを意味します。
それは、イチョウやポプラの森の中に家のデザイン表現したり、ぬいぐるみや家具で子供部屋の無邪気さや、スタイリッシュな椅子やテーブル、本棚などで洗練された雰囲気を表現したりすることです。

Lumion 11Proの新しいオブジェクトには次のものがあります。

– ファインディーテイルネイチャー:61
– インテリア:177
– 人と動物(一部はアニメーション):49
–その他多数…

新しいオブジェクトはすべてHD品質です。追加により、Lumion 11Proコンテンツライブラリのアイテムの総数は6,224 (*Pro版)になります。

63の新しいマテリアル

AngularLab提供モデル

Lumion 11の63の新マテリアルを使用することで、触覚、嗅覚、音、視覚の記憶を呼び覚まし、クライアントを感覚的な体験に浸すことができます。Lumion 11の新しい高品質マテリアルには以下のものが含まれています。

     – フローリングとサイディング:17
     – カーペット:5
     – レンガ:5
     – アスファルト:2
     – その他多数…

Lumionのマテリアルの多くは最高品質であり、 ディスプレイスメント 、風化、エッジなどの変更ができます。 新たに追加されたLumion11のマテリアルの総数は1,292(*Pro版) です。

OpenStreetMapの衛星地図 (Proのみ)

実在する都市全体をレンダリングします。その地形の標高、そして、その周りの風景を構成するすべての細かいディテールもです。

OpenStreetMap機能は、Lumion 11 Proではさらに進化し、美しく詳細な衛星地図を追加できるようになりました。これらを使用すると、建物の場所のOpenStreetMapをダウンロードするときに、クリックするだけで、世界中の地形、川、農地などが表示されます。

カスタムIESスポットライト

Lumion 11では、独自のカスタムIESスポットライトファイルをインポートして、スポットライトを Illuminating Engineering Society (IES)のライトプロファイルに接続できるようになりました。

カスタムIESスポットライトを使用すると、スポットライトを微調整してカスタマイズする必要がなくなります。 IESプロファイルを読み込み、必要な照明の配置を正確に再現し、プロジェクトを照らします。

BricsCADとのLiveSync

Lumion LiveSyncは、SketchUp、Revit、ArchiCAD、Rhino、Vectorworks、AutoCADなどの主要なCADプログラムとLumionとの間で、シームレスでリアルタイムなレンダリング接続を可能にします。 LiveSyncを使えば、作業中のモデルが自然な環境にあるような感覚を得ることができ、写真のようにリアルな空や生き生きとした天候の下に配置され、様々な照明条件で照らします。

Lumion LiveSyncは、その機能の一部として新しいCADに拡張され続けており、最新のものは、Lumion11で利用可能なLumion LiveSync for BricsCADです。

RALカラーピッカー

Lumion 11 には RALカラーピッカーが搭載され、色の選択を容易にし、RALカラーに正確に合わせることができるようになりました。 もう推測で色を選択する必要ありません。あなたのデザインされた空間の生き生きとした生活感や感情を表現するために、美しく正確な色を使ってレンダリングを行いましょう。

高品質のビューアとシアタービュー

TEN OVERSTUDIO提供モデル

アップデートされた高品質プレビューで、レンダリングの最終的な仕上がりと感覚にさらに近づけましょう。Lumion 11では、シアタービューとLumionViewerで高品質プレビューを適用できるようになり、 実際にレンダリングボタンを押す前に高品質レンダリングの結果を見ることができます。

パノラマへのアーティスティックエフェクトの追加

ObraVisuals提供モデル

Lumion 11では、あなたの360パノラマにいくつかのアーティスティックエフェクトを適用することができ、携帯電話、タブレット、または多くの一般的なVRヘッドセットで体験することができます。 あなたのクライアントを住宅のスケッチのリビングルームに連れていったり、楽しいペイントエフェクトを適用して商業ビル内の高さなどを体験してみましょう。

アーティスティックエフェクトを適用したパノラマは、あなたのプロジェクトの背後にあるコンセプトと、あなたがそれに与えた意味を明らかにします。

Lumion 11のその他の新機能

上記の機能に加えて、Lumion 11では編集モードで作業したり、カメラやムービー、360パノラマをレンダリングしたりする際に、直感的でユーザーフレンドリーな操作性を実現するために、ユーザーインターフェースが刷新されました。

初めてLumionを使う方は、 Lumionの短い学習時間をさらに減らすプログラム内の基本的なチュートリアルをお楽しみください。

改良されたカラーピッカーは、正しい色を素早く正確に選択するのに役立ちます。
カスタム値入力機能により、シーンの作成やレンダリングの際にカスタム値を入力することができます。
また、より良いFPS設定のための新しいプロキシは、大規模なシーンや複雑なシーンを構築する際にLumion 11のパフォーマンスを最大限に引き出すのに役立ちます。

Lumion 11リリースノートの全文については、下記をクリックしてください。
Lumion 11.0:リリースノート① 「新機能のハイライト」
Lumion 11.0:リリースノート② 「その他の新機能と改善点」
Lumion 11.0:リリースノート③ 「変更点と解決されたエラー」