Lumion11の新機能でレンダリングに命を吹き込みます

Lumion 11の新機能とアセットは、建築デザインに生きる喜びを表現し、プロジェクトの独自性を表現した美しいレンダリングを作成するためのシンプルなステップとなります。

CADソフトウェアで設計するのが難しい雰囲気や日々の生活があります。
屋外のパティオでの昼下がりのリラックスタイム。
夏の街の、ある場所の雰囲気やエネルギー。
また、雪をかぶった山を見上げたときの恐怖感。
これらを表現するのは簡単ではありません。

人生は予測不可能です。
それは混沌とした乱雑さを感じることがあり、 私たちの個々の経験で、その視点を独自の方法で色付けし、テクスチャリングします。

それが何であれ、一つ確かなことは、人生は感情に満ちているということです。感動でいっぱいです。建築作品についてのあなたの感じることは、その姿や形と同じくらい影響力があります。

TEN OVERSTUDIO提供モデル

Lumion 11では、コンテンツライブラリの新しい機能、ツール、アセットを簡単に活用することができ、建築デザインに生命感や感覚を取り入れるのに役立ちます。
自然の中にある建物の静けさを、
人の動きと喧騒に満ちたニューヨークの1分間を、
少し気だるい日曜日の朝と雨の午後を、
また、冬の淡い光や夏の猛暑をレンダリングします。

エクステリア、インテリア、ランドスケープ、都市デザイン、その他のどんなプロジェクトであっても、Lumion 11はワークフローを簡素化し、レンダリングプロセスを向上させます。
以下に新機能の詳細をご紹介します。


 

Lumion11の概要を知る

一般的にレンダリングは、建築家の技術の一部ではなく、建築家の技術外にあるものであり、難しいけれど必要なものだと考えられてきました。Lumionはこの概念を変えようとしています。

Lumionは、従来のレンダリングソリューションに苦戦している建築家のために、スムーズで簡単な体験を提供します。複雑なソフトウェアを学ぶ時間がなくても、自分たちのデザインに命を吹き込みたいと思っている人たちに、レンダリングの扉を開いてくれます。

Lumionを使ったレンダリングについて知っておくべきこと、そしてそれがどのように建築レンダリングワークフローにメリットをもたらすかについては、上のLumion 11の概要ビデオをご覧ください。


新機能:正投影ビュー

建築家や設計者は、平面図を熟知しており簡単に読むことができます。
建物のデザインを見下ろし、そのレイアウトを明確で読みやすい形式で記載している上面図や、ドア、窓、および組み込みの家具の配置と規模を伝えながら、建物のファサードのスタイルと美しさを明らかにする立面図があります。

ObraVisual提供モデル

Lumion 11の新しい正投影機能は、典型的な建築図面の有用実用性とLumionレンダリングプロジェクトの活気を兼ね備えています。 新しい正投影エフェクトの詳細については、以下のチュートリアルを確認してください。

カメラモードとムービーモードで利用できるこの使いやすい機能を使用すると、すべてのレンダリングに臨場感、色、テクスチャを埋め込むことができます。一般的な図面を、洗練された唯一無二の画像や動画に瞬時に変換します。他のソフトウェアに頼ることがないため、レンダリングの連続性を維持することができます。

数回クリックするだけで、エキサイティングで生き生きとした平面図、断面図、立面図、アイソメビューを作成し、設計プロセス全体を通してシンプルで美しい視点を表現できます。


新機能:雨筋(Proのみ)

インテリアやエクステリアの空間に情緒を加える場合、新しい雨筋効果は、部屋のデザインを雰囲気のある映画のような空間に変える能力を持っています。

例えば、外に出る必要がなかった寒くて雨の日のことを思い出してみてください。あなたは暖かいお茶と優しい音楽でソファに丸まってくつろぎ、窓を伝う雨粒を見て小さな喜びの感覚を感じています。

カメラモードとムービーモードで降水エフェクトを選択すると、雨筋を適用して、デザインされた空間に普遍的なムードを瞬時に吹き込むことができるようになりました。スライダーをわずかに動かすだけで、ダイナミックでインテリジェントな雨粒が何十個もガラス面を伝っていきます。


新機能:ボリュームのある炎(Proのみ)

雨の日の気分と同じように、火にも普遍的な雰囲気があります。

建築のレンダリングにおいても、火は「リビングルームに暖炉があること」以上のことを伝えてくれます。レンダリングで火を使うことで、空間の雰囲気を伝えることができます。休日の家族の集まりのイメージを思い起こさせたり、夜遅くに薪がパチパチと割れる音の記憶を呼び起こしたりします。

Lumion 11の新しいボリュームのある炎のオブジェクトを使用すると、暖かく居心地の良い火の雰囲気を簡単かつ楽しく利用できます。カスタマイズできる8つの火のプリセットの中から選ぶこともできますし、独自の形状をインポートして、あなたの望む見た目と感覚を実現することもできます

Marco Caccini提供モデル

新しい火を追加するだけで、インテリアとエクステリアのレンダリングに心地よさと暖かさを感じさせ、見る人を自然に空間に引き付ける高揚感を生み出します。


新しいモデルとマテリアル

日々の生活をレンダリングすることは、4つの壁と屋根を視覚化する以上のことを意味します。

それは、イチョウやポプラの森の中に家のデザイン表現したり、ぬいぐるみや家具で子供部屋の無邪気さや、スタイリッシュな椅子やテーブル、本棚などで洗練された雰囲気を表現したりすることです。

レンダリングに命を吹き込むということは、布の柔らかさやアスファルトのザラザラした感触など、あらゆる感覚を刺激するリアルなマテリアルを見せることでもあります。

すでに豊富なコンテンツライブラリに加えて、Lumion 11には401の新しいモデル(一部はProのみ)と63の新しいマテリアルが搭載されており、触覚、嗅覚、聴覚、視覚の記憶を呼び覚ましながら、クライアントに感覚的な体験を与えることがさらに簡単になりました。

Lumion 11Proの新しいオブジェクトには次のものがあります。

  • ファインディーテイルネイチャー:61
  • インテリア:177
  • 人と動物(一部はアニメーション):49
  • その他多数…

新しいオブジェクトはすべてHD品質です。追加により、Lumion 11 Proコンテンツライブラリのアイテムの総数は6,224になります。

Lumion11の新しい高品質マテリアルは次のとおりです。

  • フローリングとサイディング:17
  • カーペット:5
  • レンガ:5
  • アスファルト:2
  • その他多数…

Lumionのマテリアルの多くは最高品質であり、 ディスプレイスメント 、風化、エッジなどの変更ができます。 新たに追加されたLumion 11 Proのマテリアルの総数は1,292になりました。


Lumion11でより満足のいくワークフローをお楽しみください

適切なツールを使用すれば、建築レンダリングを設計プロセスの一部のように感じることができます。
Lumionは、あなたの技術を強化し、最終的な結果に向けてのビジョンを鼓舞します。

Lumionはレンダリングに命を吹き込み、モデルをインポートした瞬間から美しい画像、ビデオ、360°パノラマをレンダリングするまでのプロセスをシンプルで楽しいものにしてくれます。あなたのプロジェクトの美しさや個性を表現するのに役立ち、プロジェクトが実際に建つずっと前から、あなたのデザインによる体験を誰もが目にすることができます。

タグ