Lumion 11でインテリアの個性をより深く表現しましょう

部屋への光の流れ方から、空間全体の個性や雰囲気まで、Lumion 11は、プロジェクトの独自のビジョンを簡単に表現し、それを実現します。

 

どの部屋にも、それぞれのストーリーがあり、独自の雰囲気やムードがあります。いろんなスタイルが織り交ざったリビングルームは楽しいオーラを放っていたり、素朴なカントリー風のキッチンは懐かしさと快適さを感じさせてくれます。おそらくそれはあなたの中に感情を刺激する部屋の色、空間への自然な流れと秩序があるからです。

 

雨が降ると、出窓の読書コーナーが本好きのオアシスになります。 星空の夜の居心地の良い暖かい暖炉は、家を購入しようとしている新しい家族に無限の可能性を伝えることができます。

 

Lumion 11では、このような雰囲気のあるディテールをインテリアのレンダリングに組み込むことが簡単にでき、あなたのデザインで、見る人の感情に火をつけることができます。新しい雨筋機能(Proのみ)は、雨の午後の普遍的なムードを瞬時に捉えます。ボリュームのある炎のオブジェクト(Proのみ)を使えば、暖かで居心地の良い暖炉のムードを作り出すことができます。

 

 

カスタムIESスポットライト機能では、照明の光を正確に再現することができます。スポットライト用の新しいマイクロシャドウは、シーンに引き込まれるような奥行き感と臨場感を引き出します。

Angello Marques Arquitetura eDesign提供モデル。

ブログの冒頭にある2分間の短いビデオでは、インテリアデザインに命を吹き込む為に役立つ4つの新しいLumion11機能について詳しく学ぶことができます。 Lumion 11オーバービューチュートリアルと、建築家、インテリアデザイナー、ビジュアライゼーション・アーティストに最適な新機能については、以下をお読みください。

 


Lumion11のオーバービューチュートリアル

適切なツールを使用すれば、レンダリングは設計プロセスの一部となり、技術を強化し、最終的な結果に対するビジョンを後押しします。

窓の中の絵のように美しい景色、インテリアとエクステリアの光の魅惑的なディスプレイ、奥行きと寸法を明確にする深くて美しい影、色と質感の完璧な対話によりインテリアデザインのレンダリングを楽しむことができます。

何よりも優れているのは、ビジュアライゼーションの専門家でなくても、プロ仕様のレンダリングを作成することができるということです。Lumionのシンプルで直感的なインターフェースは、基本をマスターして15分以内にレンダリングを開始することができ、豊富なビデオチュートリアルやナレッジベースは、あなたのプロジェクトを新たな高みへと押し上げてくれます。

 


新機能:RALカラーピッカー

Lumion 11にはRALカラーピッカーが搭載されており、色の選択を容易にし、カラースタンダードに正確に接続することができます。もう色を推測して設定する必要ありません。あなたのデザインした空間で生命感や感情を表現するために、美しく正確な色を使ってレンダリングを行いましょう。

また、マテリアルやオブジェクトのプロパティなど、Lumion全体で色を変更する際には、最新のカラーピッカーを使うことができます。RBG、HSV、Hexのカラーオプションを使えば、プロジェクトが完成した後のリアルな姿を示す正確な色を数秒でビジュアル化することができます。

 


Lumion11の新しいオブジェクトとマテリアル

ソファの横のサイドテーブルには本の山、テーブルの下には急いで置いた靴、暖炉のマントルピースには温かいホットチョコレート。インテリアプロジェクトのストーリーを語る上で、空間全体に飾るアイテムは、空間のムードや全体のトーンに大きな影響を与えます。

Lumion 11では、エクステリア、インテリア、ランドスケープなどの新しいオブジェクトが401個(一部Proのみ)追加され、Lumion Proのコンテンツライブラリの合計は6,224個になりました。また、177個の新しいインテリアオブジェクトが追加され、スタイリッシュな椅子、テーブル、本棚などで洗練された雰囲気を演出することができます。

AngularLab提供モデル。

美しいレンダリングは、プロジェクトにおける素材の選択を伝えるためだけでなく、あらゆる感覚に火をつけます。Lumion 11のコンテンツライブラリには、63種類の新しいマテリアルが追加されており、触覚、嗅覚、音、視覚の記憶を呼び覚ましながら、クライアントを五感を刺激するような体験をさせることができます。Lumion 11 Proには、合計で1,292種類のマテリアルがコンテンツライブラリに含まれています。

Lumionにはライブラリ全体の約3分の1のコンテンツが含まれていますが、Lumion Proにはライブラリの全てのコンテンツが含まれていることを覚えておいてください。引用しているコンテンツ数はLumion Proのものです。

 


Live Syncを使ったリアルタイムレンダリング

Lumion LiveSyncは、SketchUp、Revit、ArchiCAD、Rhino、Vectorworks、AutoCADなどの主要なCADプログラムとLumionとの間で、シームレスなリアルタイムレンダリングを可能にします。

インテリアプロジェクトにLiveSyncを使用することで、進行中のモデルにリアルな素材を割り当てると臨場感を得ることができ、フォトリアリスティックな照明やリアルな影を使って、現実に近い設定で表現することができます。

Lumion LiveSyncは、新しいCADソフトに拡張を続けています。リアルタイムレンダリングの可能性の長い歴史の中で最新のものは、Lumion 11で利用可能なLiveSync for BricsCADです。

 


Lumionでインテリアデザインのビジョンを作り上げましょう

朝の太陽の光が廊下に差し込む様子も、夜のダイニングルームの落ち着いた洗練されたムードも、Lumion 11を使えば、あなたの正確なビジョンを簡単に捉えて、それを現実のものにできます。

Lumionを使えば、あなたのデザインがどのように実生活での体験に反映されるのかを見せることができます。
また、人、環境、建築の相互作用が視聴者やクライアントの様々な感情にどのように火をつけるのかを簡単に伝えることができます。