テレワークに役立つ、分担したシーンをひとつにまとめる方法

みなさん、こんにちはLUMIONサポートスタッフでございます。


様々な状況により、ここ最近でテレワークになられた方も多いのではないでしょうか、

私も、人生初のテレワークで戸惑いもありましたが、新しい発見もあったりで、
小さい幸せを大事にしながら働いております。健康を第一に一緒に頑張っていきましょう!

今回はテレワークに役立つ、かもしれないプチテクニックをご紹介させていただきます!


「同じモデルを、LUMIONで同時に何人かで手分けして装飾し、レンダリングした場合、
あとでシーンデータ1つにまとめられないのか問題」についてです。


例えば建物のモデルをLUMIONにインポートします、これを「モデル001」としてシーンファイルを保存します。

「モデル001」のデータを基にAさんが室内を、Bさんが屋外を担当して、それぞれがオブジェクトの配置や装飾、
カメラ・ムービーモードでアングルを決定、エフェクトをつけてレンダリングまで行います。


仕事はここで完了ですがシーンのデータが2つできてしまいますよね?
(モデル001_インテリア ・モデル001_エクステリアとかですね)

ユーザーの方々からこの2つのデータを1つにまとめることができないかというお問い合わせが、、、

しかし、データのすべてをまとめるとなると、マテリアルやエフェクトと違って、現在LUMIONにはカメラの保存/読み込みやコピーの機能がないのです。。

なんとかできないものかと色々と試しつつ、メーカーにも相談しつつ、、

、、、、

、、、

、、

なんとか、、なんとかできました!!かなりの力技ですが参考にして頂ければ幸いです***

データを1つにするためにまとめたいものはこの3つ


シーン(配置したオブジェクト)・ムービー・カメラ


では、1つずつご説明致しますね。


1. シーン(配置したオブジェクト)を1つにする。

まずは作りこんだシーンを結合するには、
①オブジェクトをグループ化して保存/読み込む方法と、
②Pro版では「シーン結合」という方法があります。


①のオブジェクトのグループ化は、「CTRL」を押しながらオブジェクトを囲んで、グループ化します。
グループを保存して、移動の数値入力で場所のチェックします、X:Y:Zの数値をメモしておきましょう。

結合先でグループを読み込み(全てのカテゴリ>配置の下に読み込みがあります)数値を入力して場所あわせをします。
最後に必要ならばグループの解除をしておきましょう。


②のシーンの結合は、移動先シーンデータを開いてから、ファイル>読み込む>シーンの結合> 移動元のシーンデータ選ぶ>結合したいオブジェクトのカテゴリをチェック→これで結合できました。この方法はPro版のみです!


ここにカメラ&ムービーの結合もありますが、この機能、基本上書きなんです。。
これをチェックしちゃうとAさんのカメラモードのデータが消えて、Bさんのデータのみに、、ということが起こるので要注意です。


では、どうするか、、ということで続いて


2. ムービーモードでのコピー

シーンBを開いてクリップをコピー、シーンAを開いてクリップの貼り付け、またシーンBを開いてコピー、これを繰り返します。

ムービーまではなんとかできそうですね。
では、最後に難関の、カメラモードのスロットをまとめる方法です。


3 カメラモードでのコピー

これはいろんな機能の合わせ技になります。
その為にはまず、LUMIONのショートカットの記事のご紹介です。 いろいろ便利なので、是非参考にしてください。

ナレッジベース:Lumion10のショートカット


そして、この方法では事前のルールがございます。

・Aさんのカメラセット1は空けておく・Bさんはカメラセット1(スロット1~10)にデータを入れておくこと


では、方法のご紹介です。少し長いので、目がしんどくなられた方は最後の動画をご覧ください。。


① まず最初にエフェクトを保存しておきます。(名前にスロットNoをいれておくといいかもしれません)

② ムービーモードにいきます。ここで、あえてのムービーです。空いているスロットでレコードをクリックします。

③ 最初のキーフレームで「SHIFT+1キー」これで、カメラモードのスロット1のアングルが貼り付けられます。次のキーフレームで「SHIFT+2 キー 」スロット2のアングルも貼り付けられたところで決定します。

④ クリップをコピーして、シーンAを開き、ムービーモードへ移動し空いているスロットでクリップを貼り付けます。

⑤ スライダーを最初に動かして「CTRL+1」、スライダーを一番最後に動かして「CTRL+2」

⑥ カメラモードに切り替えると、スロット1と2にシーンBのアングルがコピーできています。
あとは、それぞれにエフェクトをロードして貼り付けていきます。


よくわからないですよね、、動画にてご覧くださいませ。。


工程が長いので、2、30ショットを撮っているとかなりの作業になりますが、この方法ならデータを1つにできます!宜しければ一度お試しください。


おすすめプチテクニックを見つけましたら、こちらのブログに記載させて頂きます。
宜しくお願いします***