LUMION10 主要な3つの新機能のご紹介

視覚的に豊かなプレビューでレンダリングの編集プロセスを高速化します。
ファインディテールネイチャーのモデルが驚くほど美しい環境を生み出します。
ディスプレイスメントマッピングでモデルの表面を活性化します。

LUMION10は1週間前にリリースされ、LUMIONコミュニティからも素晴らしい反応が寄せられました。また、多くの新機能に対して前向きな注目を集めました。
プロジェクトを素早く美しいビューで確認することを可能にする「高品質プレビュー」エフェクトから、コンテキストとサーフェスをより豊かにする「ファインディテールネイチャー」と「ディスプレイスメントマッピング」まで、 美しいレンダリングを作成するために要する労力を削減します。

この投稿では、LUMION 10の3つの新機能について説明します。

  • 高品質プレビュー
  • ファインディテールネイチャー
  • ディスプレイスメントマッピング

機能紹介ビデオ、チュートリアルなどを含め、これらの3つの機能がレンダリングプロセスの向上にどのように役立つかについて詳しく知ることができます。
なお、LUMION10に関する全ての情報を確認するには新機能ページをご覧ください。

高品質プレビュー

3DやCGIの経験のない建築家やデザイナーであっても、LUMIONを活用すればモデルを美しく魅力的なレンダリングに変貌させることができます。

Model design by Marco Caccini.

そうするには、LUMION10のエフェクトを活用して、フォトリアルなものから概念的なものまで、必要なスタイルとムードを作り上げることが重要です。LUMIONのライティングと天気に関わるものでは、スカイライト、リアルスカイ、シャドー、ハイパーライト、空と雲、降水、霧などがあります。

エフェクトの設定を調整して理想的な見た目や雰囲気を作りあげるには、多くの試行錯誤とテストレンダリングが必要になる場合もあります。

この点において、新しい「高品質プレビュー」はレンダリング結果を推測する手助けとなり、ライティング、天気、影、マテリアルおよび写真の構成に関する設定を自身を持って行っていただけるようになるでしょう。

「高品質プレビュー」を使用するには、カメラビューを選択し、Lumion 10のカメラモードまたはビデオモードでエフェクトを設定するだけです。 プレビュー画面上をクリックすれば、ライティングが高速で計算されて、最終レンダリングがどのように見えるかプレビューで確認できるようになります。

Model design by Van Manen.

カメラを移動するとプレビューがリセットされますが、新しいカメラの位置が見つかったら、ウィンドウ上をもう一度クリックして新しいプレビューを表示します。
また、クリックしてプレビューを表示するのではなく、マウスの移動を停止したときに高品質プレビューを自動的に表示させたいのであれば、「設定」で自動高品質プレビューをオンにできます。



「高品質プレビュー」はエフェクトを微調整する際に完璧なガイドとなり、驚くほど素晴らしい結果を作成することができます。

ファインディテールネイチャー(Pro版限定)

住宅または商業施設の外観または風景/都市デザインを視覚化する際、もしくはインテリア3Dデザインの窓から周囲の風景の景色を表示する際、LUMIONの豊富なネイチャーライブラリはデザイン周りに様々な生活環境を迅速に作成することを可能にします。

広葉樹、針葉樹、植物、花、葉のない木など、さまざまな地域の様々な種に渡る1,500以上のモデル(Pro版)を、ネイチャーモデルのページから見つけ出すことができます。

* Different nature model options in Lumion 10. Model design by Marco Caccini.


LUMION 10 Proでは、新しいカテゴリであるファインディテールネイチャーのモデルをご利用いただけます。計62種類の樹木と植物が含まれるファインディテールネイチャーのモデルは、クローズアップビューと前景向けに設計された高ポリゴンの詳細な樹木と植物です。

ファインディテールネイチャーのモデルには、トウヒの木、松の木、樺の木、ツゲの木、オリーブの木、ユーカリの木、リュウゼツランなどがあります。 家、建物、または公園のデザインの前に1つ置くことで、視聴者はあなたのデザインが生活環境とどのように結びついているか把握することができるでしょう。

ファインディテールネイチャーのモデルは通常のネイチャーのモデルよりも詳細であり、プロジェクトが重くなり、レンダリング速度が遅くなる可能性があります。 そのため、完璧な角度からの完璧な画像にのみ使用を限定するなど、控えめに使用することをおすすめします。

複数のファインディテールネイチャーのモデルをシーンに追加する必要があり、LUMIONの編集速度を遅くしたくない場合には、ファインディテールネイチャーのモデルのみをあるレイヤーに追加して、レンダリングの準備が整うまでレイヤーをオフにすることを検討してください。


ディスプレイスメントマッピング

LUMION 10のもう1つの大きな新機能は167個のマテリアルにディスプレイスメントマッピングが追加されたことです。 スライダーを動かすと、選択したマテリアルの深さとジオメトリを調整して、リアルな3次元の外観を作りだすことができます。

ディスプレイスメントマッピングでマテリアルに3Dの深さとジオメトリの外観を与えることで、プロジェクト全体のすべての表面を活性化させることができます。インテリアデザインのレビュー用にレンダリングを使用する場合でも、クライアントとプロジェクトを共有する場合でも、これらのマテリアルによって樹皮の粗い質感、木目、でこぼこした丸石の質感を感じとってもらえるはずです。なお、コンテンツライブラリで「D」とマークされているマテリアルがディスプレイスメントマッピングのあるマテリアルです。

現時点では、ユーザーは独自のディスプレイスメントマップをLUMIONにインポートすることはできませんが、ディスプレイスメントマッピングが調整可能な多くのタイプのマテリアルを有効活用していただけます。

3Dモデルに命を吹き込む。デザインのアイデアを共有する。

LUMION 10は美しいレンダリングを作成するために必要な労力を削減します。LUMION 10のすべての新機能、ツール、およびコンテンツを使用することで、LUMION 10には3Dモデルを驚くべきスピードで魅力的なものにし、さらにはデザインのアイデアを共有可能にするストレスのない環境が整っていることをあなたは実感することでしょう。