Lumion for Rhinoceros

Rhinocerosの互換性について

“Fast and easy rendering of your Rhinoceros models.”

優れたプレゼンテーションは、クライアントに接する最良の方法の1つです。 Lumionを使用すると、最高品質の画像や動画を簡単かつ迅速に作成することが可能になります。 世界中のプロフェッショナルなデザイナーたちが、迅速で印象的な画像や動画の解決策としてLumionを使用しています。 シンプルなワークフロー、使いやすさ、超高速レンダリングで高い評価を得ているLumionは、世界トップ100のアーキテクチャー企業のうち67社で既に使用されています。

Elegant software built for architects

Lumionは、建築家の視覚化ソフトウェアです。
既存のワークフローに完全に適合し、3D CADデザインを動画や画像、オンライン360プレゼンテーションにすばやく変換できます。環境、マテリアル、照明、オブジェクト、葉、魅力的なエフェクトを追加することで、デザインに生命を吹き込むことができます。

Lumionは習得が容易で使いやすいので、3Dエキスパートのための優れたビジュアライゼーションはもはや排他的ではありません。Lumionを使用すると、デザインの改善やクライアントとのやりとりに時間を費やすことができ、レンダリングの準備や待ち時間を短縮できます。

ほぼすべてのCADとのシームレスな相互運用性により、迅速な設計の繰り返しとモデルの変更が可能になります。超高速レンダリングを使用すると、デザインをクライアントにすばやく表示できます。下記の動画にて最高のレンダリングを作成する方法をご覧ください。

モデルデータのエクスポート方法

a:Lumion 5.0以上、Rhino 5 Service Release 10以降を使用している場合は、モデルをCOLLADA .DAEファイルにエクスポートしてください。

エクスポートのコマンド(Rhinoceros)

b:旧バージョンのLumion(Lumion5.0以前)またはRhino(Rhino 5 Service Release 10以前)を使用している場合は、
Rhinoから.SKPファイル(SketchUp形式)をエクスポートし、Lumionでインポートしてください。

2.ヒントとトラブルシューティング

レイヤーに割り当てられたマテリアルをインポートする方法
Rhinoでは、オブジェクトまたはレイヤーにマテリアルを割り当てることができます。

Propertiesでマテリアルの割り当てにObjectを選択(Rhinoceros側)

レイヤーにマテリアルを割り当てると、Lumionでインポートされたときにレイヤー上のすべてのオブジェクトは、そのマテリアル名で識別されます。

レイヤー画面(Rhinoceros)

Rhinoのレイヤーまたは同じマテリアル名を共有するオブジェクトは、Lumionで同じサーフェスとマテリアル名を使用します。
Rhinoのレイヤーまたはオブジェクトにマテリアルが割り当てられていない場合は、固有のマテリアル名がない状態になるため、
Lumion上ではすべて同じマテリアルとして認識します。

LiveSync for Rhinoceros

Lumionはほぼすべての3D設計ソフトウェアツールと互換性があり、SketchUpファイルをシームレスにインポートできます。

Lumion9.0ではLiveSyncがRhinocerosに対応しました。右のチュートリアルでは、RhinocerosモデルをLumionに簡単にインポートする方法を説明します。

rhinoのためのLiveSyncをダウンロードする

1.最新のダウンロードリンク

Lumion Rhino Download link(Windowsのみ)
9.0以降 Rhino6以降 Lumion LiveSync for Rhino 6.10 or newer

2.最新バージョンをインストールする前に古いプラグインをアンインストールする

2-1.Rhino6を閉じます。

2-2.下記のファイルをダウンロードして解凍ください。

解凍したUninstallLumionLiveSyncForRhino.batを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。Windows Defenderに警告が表示された場合は、「詳細」をクリックし、「実行」をクリックしてください。

ダウンロードリンク: Lumion LiveSync for Rhinoプラグインのアンインストール

2-3.1でダウンロードしたLumion_LiveSync_for_Rhino6_(VERSION).rhiファイルをダブルクリックしてプラグインをインストールします。

3.インストールエラーの解決方法

3-1.「エラー表示"Package not compatible”パッケージに互換性がありません」

外部リンクをクリックして「Package not compatible」の指示にしたがって問題を解決するか、サポートセンターへお問い合わせください。

外部リンク:Troubleshooting RHI Installers RHIインストーラのトラブルシューティング

4.リアルな世界でRhinoを。

革新的な環境でデザインをモデル化します。
LiveSYncを使用するには、LUMION 9.0以降、Rhino6以降が必要です。