LUMION3D 正規日本総代理店リビングCG

検索

投稿してみる

マテリアル

オブジェクトを間接照明として使いたい

オブジェクト自体を、マテリアルの発光性を与えて光らせ、間接照明として使用したいと考えています。
しかし、オブジェクトに発光性を与えても、そのオブジェクトがカメラから見えなくなった時に光らなくなってしまいます。
間接照明オブジェクトがカメラから見えなくなった場合でも、それを機能させる方法はありますでしょうか。
もしくは、それに代わる方法があれば教えていただきたいです。

尚、私はLUMION9を使用しており、PRO版にあるエリアライトは使えません。
現状オムニライトを等間隔に複数設置して間接照明とする方法を取っています。

よろしくお願いいたします。

返信

2019年1月8日  投稿者  yuki

アカ様

お問い合わせをありがとうございます。

マテリアルの発光性については、カメラから見えなくなると光らなくなります。
あくまでもマテリアルであってライトではないので、そういった仕様になっています。
ですので、オブジェクトがカメラから見えなくなった場合、光らせる方法はありません。

スタンダード版のLumionで間接照明を表現するには、アカ様のおっしゃる通りオムニライトを等間隔に配置していただくか、
スポットライトを等間隔に配置に配置してください。(オムニライトは影が落ちませんのでご注意ください)

または、マテリアルの発光性が見えるようなカメラワークに変更するのも1つの方法としてあります。



2019年1月9日  投稿者  アカ

一般投稿
YUKI様

ご回答ありがとうございます。
なるほど、わかりました。
影が落ちた方が良いので、スポットライトの等間隔配置で試行錯誤したいと思います。

のちのち、PRO版へのアップグレードを検討します。
ありがとうございます。

投稿に返信する

公開

非公開

Lumion Opinion Box に投稿する

公開

非公開