検索

投稿してみる

その他

インテリアの光源について

現在、商業施設のインテリアデザインのプロジェクトに関わっています。窓面が少なく、明かりは照明器具でまかなうような環境です。
Lumionでは、こうような環境(光源の取り方が太陽光のない地下のような場合)のレンダリングの際にどのように光源の調整を行うのでしょうか?
レンダリングの際に暗くなってしまうため、均質に全体を明るくしてレンダリングしたいと思っています。
なお使用しているのは最新のバージョンのLumionで体験版になります。
ご回答お待ちしています。
よろしくお願いいたします。
返信

2020年3月11日  投稿者  Rina

ご投稿いただきありがとうございます。
下記のとおりご案内いたします。

太陽光の関係ない光源の調整方法についてですが、
現在下記の方法がございます。
isobe様の扱いやすい方法にてお試し頂ければ幸いでございます。

方法1 ライト(光源)オブジェクトの活用
    ・ライトの設置時、スポットライトだけでなく、オムニライト・フィルライトを使用する(画像ファイル 3点参考下さい)
     ※オムニライト(Omni Light)の位置に面しているサーフェスのみを照らします
     ※フィルライト(Light Fill)の位置に面しているかどうかに関係なく、すべてのサーフェスを照らします
     ライトの種類については下記記事を参照くださいませ。
     ナレッジベース参照:https://livingcg.zendesk.com/hc/ja/articles/360034515531-オムニライト-フィルライト-エリアライトからの光がモデルを透過するのはなぜですか-
     
     また、スポットライト使用時の影の表示についての記事が公開されましたので、こちらも参考下さいませ。
     ナレッジベース参照:https://livingcg.zendesk.com/hc/ja/articles/360040484371-スポットライトが影を投影しないのはなぜですか-



方法2 エフェクト「グローバルイルミネーション」を使用する
    ・ライトアップされたサーフェス(表面)から「放射」される光を表現するエフェクトです。
     太陽またはスポットライト(スポットライトがグローバルイルミネーションエフェクトに追加されている場合)によって
     照らされているサーフェスにオムニライトが配置されるという仕組みになっています。すべてのモードで使用できます。

     詳しい使用方法は下記チュートリアル記事をご参照ください。
     チュートリアル参照:https://livingcg.zendesk.com/hc/ja/articles/360039558212-高度な-グローバルイルミネーション


方法3 エフェクト「ハイパーライト」を使用する
    ・ライティングの品質と精度を向上させるエフェクトです。カメラモードとムービーモードで使用できます。

     詳しい使用方法は下記チュートリアル記事をご参照ください。
     チュートリアル参照:https://livingcg.zendesk.com/hc/ja/articles/360039925931-高度な-ハイパーライト

よろしくお願いします

その他2件の画像を開く

投稿に返信する

公開

非公開

Lumion Opinion Box に投稿する

公開

非公開