検索

投稿してみる

マテリアル

自分でマテリアルを追加したい

自分でマテリアルを作りたいです。

球体で表示されたマテリアルの右側に下記の表示があって、それらを編集すれば可能だと思うのですが、それぞれが何を意味しているのか教えていただきたいです。

①カラーマップを選択
②法線マップを選択

①は、貼り付けたテクスチャ画像でタイリングしてくれたのでなんとなく理解できます。
②の意味が特に分からないのですが、凹凸や反射の有無を指定するものなのでしょうか。

3dsmaxのV-rayマテリアルの設定のように、白黒画像で凹凸や反射の柄を決めたりできるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
返信

2018年12月12日  投稿者  橋本

アカさんこんにちわ!

任意のマテリアルを貼り付ける場合は
マテリアルライブラリのカスタムからスタンダードを選択してください。

①、②についておっしゃる通り、

①カラーマップはイメージ画像または動画データを選択して貼り付けることができます。
②法線マップは凹凸のデータを貼り付けることができます。
(フォトショップなどのソフトで作成ができる凹凸データです。)


・白黒画像(グレースケールの画像)は"Hightmap"や”Depthmap”と呼ばれるものかと思いますが、地形をロードする際こちらのデータで反映させることができます。
・法線マップは"Normalmap"と呼ばれるもので、凹凸のデータが書き出されているものです。
また、Lumionのレンダリングの追加出力で”N”を選択すると、この”Normalmap”を書き出すことができます。

2018年12月13日  投稿者  アカ

一般投稿
橋本さんこんにちわ!

回答ありがとうございます!
マテリアルの作成試してみます。
動画も貼れるというのは驚きました。
テレビとかのモニターで使えるということですね。

投稿に返信する

公開

非公開

Lumion Opinion Box に投稿する

公開

非公開