LUMION BLOGFEEL THE SPACE WITH LUMION

2019年8月19日

SketchUpとLUMIONで蘇った古代ローマを見る

レディング大学のマシューC.ニコルズ教授は、古代ローマの大規模で美しく詳細な3Dモデルの作成に10年を費やしました。 そのおかげで、かつてないほどに素晴らしい古代ローマ建築を探索できるようになりました。
 


Theatre of Marcellus. Credit: Prof. Matthew Nicholls and the University of Reading.

ローマは1日にしてならずということわざがありますが、それはレディング大学のクラシック教授であるマシューC.ニコルズによって作成された永遠の都の3Dモデルでも同様でした。

ローマのモデルはSketchUpでさまざまな考古学、文学、その他の資料に基づいて10年間にわたって構築されました。このモデルで学生や愛好家を古代都市の街並みを体験できます。 豊かな色彩、歴史的に正確な細部、時を経て旅をする感覚により、学生は古代ローマの比類のない建築物を魅力的で教育的な方法で確認することができます。


The Digital Model. Credit: Prof. Matthew Nicholls and the University of Reading.

レディング大学の授業やウェブサイトFuturelearn.comの無料のオンラインコース(「ローマ:古代都市のバーチャルツアー」)では、学生はSketchUpモデルとLumionのアニメーションと画像を通じて、街の中心から個人的な視点で探索し、学ぶことができます。

「このモデルを作成し、私のコースで使用する目標の1つは、古代都市の可能な限り正確な絵を描くことです」とニコルズ教授は語りました。


Digital Recreation of the Temple of Saturn. Credit: Prof. Matthew Nicholls and the University of Reading.

コロッセオからローマのフォーラム、カラカラ浴場からパンテオンまで、古代ローマのレンダリングは、かつての色、質感、生命に満ちた古代都市を見ることを可能にします。

「レンダリングは、より良い写真を撮るのに役立つさまざまなボタンを備えたデジタル一眼レフカメラを持っているようなものです。LUMIONは、オートモードに切り替えて「スナップ」を押すのに似ています。ほとんどの場合、それで十分です。 LUMIONは、照明を制御するスライダーや、より良い結果をより迅速に得ることができるスライダーのような素晴らしいワークフローツールです。グラフィックカードによって駆動されるライブナビゲーションを備えたLUMIONの建物環境にいるのが大好きで、その中でリアルタイムに飛び回ることができます。」

この投稿では、ニコルズ教授による4世紀のローマのレンダリングを見ていきます(モデルには他の時代の建物も含まれます)。また、LUMIONのような3Dレンダリングツールが古代都市に命を吹き込み、不可欠な学習ツールとして機能することも学びます。

さまざまなソースから古代ローマを構築する

10年以上前、ニコルズ教授はまずSketchUpでローマの3Dモデルの構築を開始しました。彼の目標はおよそ315 CEを見回る古代都市を再現し、クラスを視覚的にサポートし、学生の教育プロセスを支援することでした。

Example of a building created in SketchUp – the Baths of Caracalla. Credit: Prof. Matthew Nicholls and the University of Reading.

ニコルズ教授は、家、記念碑、通りなどの細部まで表示する可能な限り正確なモデルを作成するために、多くの歴史的資料に参考にしました。

「モデルを作成したときに行ったすべての決定は、可能な限り歴史的な証拠に基づいています。モデルを設定する日付、人を含めるかどうか、都市の汚れや汚れ、樹木、色などを決定する必要がありました」と、ニコルズ教授は述べました。

最もよく保存されたいくつかの建物を作成する際、利用可能な多くの歴史的情報があり、ニコルズ教授は考古学的な標高、詳細なレポート、建物について書いた古代の作家、コインの古い写真、碑文、レリーフ、フレスコ画などを参照できました。

彼のお気に入りのモデルの参考資料の1つは、フォルマウルビス(西暦203-211年)でした。これは断片化された大理石のスラブで、街並み、テクスチャ、密度、建物タイプ、および建物の複合のに関する手がかりを提供しました。

 

Fragment of the Forma Urbis showing the Theatrum Pompei (photo: Wikimedia Commons).

他の建物と、街の大部分を構成する何マイルもの裏通りについては、ニコルズ教授が参照できるものはほとんどありませんでした。 そして、これらには多くの推測があります。 それにもかかわらず、このすべてのソース資料を組み合わせることで、彼は自分の発見を取り込んで、それらを包括的な3Dモデルに変えることができました。

モデルの作成プロセスについてもう少し詳しく知りたい場合は、2014年にNicholls教授が3D Basecampで行ったこの講演を参照してください。


LUMIONで作成されたビジュアライゼーションで古代ローマを教える

街に通じる道路から現在も残っているモニュメントまで、街全体にまたがってローマの3Dモデルは完全に編集可能であり、さらには柔軟でナビゲート可能で、様々な方法で使用される様々なプログラム間で共有して使用できます 。

このモデルの要素を見て使用させることで、学生は古代都市がどれほど広大であるか実際に理解できます。 建物の細部をズームダウンしたり、テクスチャや装飾を間近で確認したり、上から街を眺めたり、通りの高さを確認したりできます。

 

Digital reconstruction of the Cloaca Maxima’s outfall into the Tiber. Credit: Prof. Matthew Nicholls and the University of Reading.

Digital reconstruction of the Circus Maximus, with detail of the decorated spina. Credit: Prof. Matthew Nicholls and the University of Reading.

Baths of Trajan with the Colosseum in the background. Credit: Prof. Matthew Nicholls and the University of Reading.

ニコルズ教授は言いました。「誰も平面図で建物を体験しません。 立体物として体験します。 そのため、特にLUMIONのような3D再構成では、光、大気、風に揺れる植物、その他すべてを適切に処理することで、ほとんど写真のようにリアルなレンダリング感を得ることができます。 空間がどのようなものかすぐにわかります。」
 



「モデルとレンダリングの意図は、そのときの生活がどのようなものであったかについて洞察を与えることです。 その点でLUMIONは優れたツールです。 また、Kubity Goを使用して、携帯電話や他のデバイスを使用している人にモデルを探索させることができます。この体験はこれまでにないものとなるでしょう。」


失われたが消えることはない:古代世界を探索するためのツールとしてのLUMION

LUMIONで3Dモデルをレンダリングすれば、インタラクティブで美しいビジュアル空間を旅して、永遠の都に住むのがどんなものであるか感じ取ることができます。


 

Futurelearn.comで利用可能な「Rome:A Virtual Tour of Ancient City」というタイトルの今後の無料コースで、モデルを探索して古代ローマについて学ぶことができます。