LUMION BLOGFEEL THE SPACE WITH LUMION

2019年7月15日

ドローン画像から3D環境コンテキストを作成する方法

チュートリアルビデオとリンクの電子書籍より、ドローン、写真測量ソフトウェア、そしてLumionを組み合わせて美しくリアルな3D環境コンテキストを作成する方法を学ぶことができます。

3D計画環境を作成してレンダリングするとき、それを自分でモデル化することからLumionのOpenStreetMap(OSM)のような機能を使用することまで、多くの方法があります。ただ、選択した方法は、表示するレンダリングの最終的な外観に影響を与え、ある方法が他の方法より適している場合があります。

たとえばLumionでOSMを直接使用すると、実際の建物の位置、高さ、そしてボリュームを表す白いブロックが作成されますが、建物にはテクスチャが表示されず、あまり現実的ではありません。

デザインの背景として現実的な3D環境のコンテキストが必要な場合は、ドローン映像と写真測量ソフトウェアを組み合わせて、Lumionですべてをまとめてレンダリングできます。インフラ資産、計画された場所、または別の環境をキャプチャする場合でも、ドローンの使用は(特に他の方法と比較して)高速で費用対効果に優れています。

この記事の冒頭にあるビデオを基にしたリンクの新しい電子書籍では、3D環境の背景をキャプチャするプロセスについて説明します。ドローン、写真測量ソフトウェアとLumionだけで、建物の場所を取り巻く環境の非常に正確な3Dモデルを作成することができます。

電子書籍のリンクはこちら