LUMION BLOGFEEL THE SPACE WITH LUMION

2019年5月31日

Lumionで本当にできることは何ですか? 建築家Paul Spaltmanが説明します。

「プロのようにルールを学ぶので、アーティストのようにルールを破ることができます。」

今年初め、Lumionチームはオランダの建築家Paul Spaltmanと共に、最も有名な建築学校の1つであるTU Delftの100人以上の学生と話をしました。

その様子(30分のプレゼンテーション)がこちらです。

ビデオ全体を見る時間がありませんか。 このブログでは、Lumionについてのいくつかの基本を学ぶことができます。 Lumionが建築家としてのあなたに提供できる利点と、Lumionが設計プロセスのあらゆる段階であなたのレンダリングニーズをサポートできるスピードと容易さが含まれます。

古い学校のヴィジュアリゼーション VS 現代のレンダリング

過去数十年の間に、ヴィジュアリゼーションとレンダリングの役割は、建築、エンジニアリング、建設の各業界で劇的に変化しました。古い学校のヴィジュアリゼーションは、建物の手描きのスケッチスタイルの描写であると思われるかもしれません。フランク・ロイド・ライトの「Fallingwater」の次のスケッチは、このタイプのヴィジュアリゼーションの好例です。

これは美しい描写であり、建物を表現するのには良い方法ですが、古い学校のビジュアライゼーションは主にデザインプロセスの最終結果として使用されていました。

それにもかかわらず、多くの建築家はまだデザインをよりよく理解し、デザインのアイデアを伝えるなどのための重要なツールとして手書きを使用します。

多くの建築家は彼らのデザインのアイデアをスケッチし、そして様々な目的のためにこれらのスケッチを使うでしょう。 上の描写は、Paul Spaltmanによるスケッチです。

しかしながら、手書きスケッチの問題の1つは、非常に時間がかかり、特殊なニーズには十分に柔軟ではないことです。 Lumionのような3Dレンダリングプログラムを使用すると、建築家やビジュアライゼーションの専門家は、さまざまなヴィジュアライゼーションのニーズに対応する画像、ビデオ、VR対応のパノラマを即座に作成できます。

以下は、ロールレンダリングがPaul Spaltmanの練習に役立ったことを示すビデオクリップです。 このクリップでは、Spaltmanが、古い学校のビジュアライゼーションから今日利用可能な一連のBIMおよびその他のアプリケーションへの急速な進化について説明します。

Lumionでできること

Paul Spaltmanと彼の建築のやり方では、Lumionのワークフローは次のようになりました。

上の図に示されているように、Spaltmanは設計段階でRhinoとGrasshopperプラグインを使用しています。 設計段階から建設段階に移行するとき、彼はArchiCADとLumionを以下のような多くのアプリケーションに使います。

  • Artist impressions
  • Sketching
  • Urban design (with OSM)
  • Sun studies
  • 360 panorama VR
  • Digital nature scenes
  • Materials and colors
  • Design variations
  • Movies

新しいアプリケーションを開くことに加えて、Lumionを使用した3Dレンダリングは、モデリングおよびレンダリングワークフローのペースを速めるのに役立ちます。 たとえば、あなたはここから

…たった2時間でこれを表現できます。

以下では、Lumionで実現できるいくつかのアプリケーションについて説明します。

LiveSync

モデルを変更したり、さまざまなデザインのバリエーションを見たり、マテリアルをチェックしたりする必要がありますか。 LiveSyncの機能を通じて、モデルをその場で変更したり、Lumionで即座に視覚化したりすることができます。

LiveSyncのしくみについての簡単な説明は、次のクリップで聞くことができます。

都市計画と街づくり

都市計画や町の設計には、OSMなどの機能を使用して都市や農村の状況をすばやく構築できます。 もう1つのオプションは、写真測量ソフトウェアを使ってドローンからの画像をつなぎ合わせることです。

都市の背景をどのように作成したい場合でも、Lumionにはいくつかのオプションがあり、デザインを現実的なオブジェクトや魅力的な照明で囲むことができます。

明暗

Sky Light 2やReal Skiesなどの高度な明暗およびシャドーテクノロジを使用すると、Lumionはプロジェクトの明暗を表示および検討する際の有益なツールにもなります。

数秒以で環境的な明暗だけでなく人工的な明暗を変更して、夜明けの柔らかい金色の色合いから夜の真っ暗な色合いまで、デザインの完全な明暗のプロファイルを理解するのに役立ちます。

ストリートビュー

設計プロセスの初期段階にあり、傍観者の目からデザインがどのようなものかを確認したい場合は、Lumion を使用して、リアルな明暗、コンテキスト、ムードを持つストリートビューのかなり正確なアイデアを得ることができます。

マテリアルとテクスチャ

美しい高品質な方法でマテリアルを視覚化することは、多くの種類のプロジェクトにとって不可欠です。 Lumionを使ってマテリアルを提示したり評価したりすることで、自分のマテリアルの選択が与える影響について簡単に感じることができます。

さらに、Lumionの大規模なコンテンツライブラリには高品質のマテリアルが揃っているため、自分のマテリアルを探したり作成したりするというフラストレーションを持つことなく、デザインの正確な表現を簡単に表示できます。

共有の夢

次のビデオクリップでは、Paul Spaltmanはスリナムの地域社会で行ったいくつかのプロジェクトについて説明しています。 ArchDailyによって公開されたこの記事でスリナムプロジェクトについてもっと読むことができます。

デジタル性

Lumionのもう1つの利点は、デジタル化された自然シーンを美しく魅惑的な方法で簡単かつ迅速にレンダリングできることです。 プレゼンテーションの例をいくつか紹介します。

デザイン研究

Lumionはプレゼンテーションに適しているだけではありません。 建物の特定の部分をチェックしたり、照明が空間とどのように相互作用するかを調べたり、将来の住民がバルコニーからどのような景色を眺めることができるかなど、デザイン研究に非常に役立つツールにもなります。

建築および設計プロセスの各段階のスタイル

Lumionでさまざまなスタイルを作成するためのオプションはたくさんあります。 たとえば、デザインの初期段階にあり、マテリアルや色について話したくない場合は、スケッチや他の芸術的なスタイルを使用して会話を集中させることができます。

プロセスの後半で、Lumionのスタイルプリセットのいくつかを使用して、より詳細なスタイルに即座に切り替えることができます。

360パノラマとVR

Oculus Goや他のほとんどのVRヘッドセットなどのデバイスで、Lumion for VRを使用することもできます。

さらに、360度パノラマを作成するのに必要な操作は数回のクリックであり、レンダリングにかかる時間はわずか1分です。

Lumionのワークフロー

このセクションでは、Paul SpaltmanがLumionのワークフローの例を示します。3Dモデルのインポートから最終的な効果の追加とレンダリングまでが含まれます。

下のビデオクリップは約10分です。

技術ではなく創造性
建築とデザイン業界は過去数十年で大きく変化し、新しい技術とレンダリング技術がこの変化を先導しています。

Lumion を 3D レンダリング ツールとして組み込むことで、建築家や設計者は、創造性を高めるために役立つ多目的で使いやすいヴィジュアリゼーションの技術を利用できます。

そして、それがLumionがやろうとしていることなのです。