LUMION BLOGFEEL THE SPACE WITH LUMION

2019年5月2日

締切まで5週間。LUMIONをどう活用するか。

ロッテルダムを拠点とする建築事務所Studio AAANの建築家Hilbrand Wandersが、最近どのようにデザインコンペで優勝したか、そしてLumionがどのように役に立ったかについて説明します。

スタジオAAANによって設計されたWantijhof Dordrecht development。

2018年の終わり頃、オランダの建築家Hilbrand Wandersとそのロッテルダムを拠点とするStudio AAANの同僚たちは、オランダのドルドレヒト市にある36アパートの街区のデザインコンペティションに招待されました。

問題点 -  4人のチームが明確で説得力のある方法でデザインを概説する提案を提出するにはたった5週間しかありませんでした。

そのような厳しい締め切りを前にして、Studio AAANの建築家は、お互いに、彼らのクライアントと、そして他の関係者と素早くコミュニケーションするために複数のテクニックを適用しました。デザインプロセスの初期の段階で、彼らはハンドスケッチを介してリアルタイムでデザインについて話し合い、評価することができましたが、最後の週には、デザインの形、素材、コンテキスト、雰囲気など、実用的なビジョンに焦点を当てるLumionによって美しい3Dレンダリングを作成しました。

Wantijhof Dordrechtプロジェクトは、歴史的なDordrechtの機能と現代的な方法でデザインされた現代的なビルディングブロックを示しています。

「SketchUpやLumionなどのプログラムを活用して、重要な設計問題を明らかにして解決し、決定を下し、受賞作品を発表することができました」とWanders氏は言います。

このブログ記事では、Wantijhof Dordrechtプロジェクトを見て、ハンドスケッチ、SketchUpを使用した3Dモデリング、およびLumionを使用したレンダリングが、迅速で効果的なコミュニケーションのための不可欠なツールになる方法を探ります。

Wantijhof Dordrechtプロジェクトの概要

Nederlandse Bouw Unie(NBU)と協力して、Wantijhof Dordrechtコンテストは、オランダ南部の800年の歴史を持つ美しい街Dordrechtの水辺に沿った空き地のためのデザインを提供するよう、数人の建築家に求めました。この内容には、36戸の住宅ユニット、1台の駐車場、いくつかの商業用ユニットが含まれていました。また、デザインは半公共の緑の中庭のための魅力的なスペースを見せ、小規模の都市の低層構造と大規模な水辺のプロジェクトの間に微妙なバランスを作り出す必要がありました。

Wandersによると、このプロジェクトの課題の1つは、緑豊かな緑の中庭の完全性を維持しながら、駐車構造を設計する方法と場所を決定することでした

緑のインテリアが建物の駐車場にならないようにすることは、Studio AAANが解決に直面した課題でした。

これを解決するために、建築家は庭の周りの高いデッキの下に駐車場を設計し、それを公共の視野から隠しました。 最終結果はマンションからの快適な景色を支える活気に満ちた、よくデザインされたファサードのシリーズでした。

5週間で最初のスケッチから3Dレンダリングまで

WandersとStudio AAANのアーキテクトは、コンペのかなり遅い段階で提案書を提出するよう依頼されたため、計画、セクション、レンダリングなどを含む完全で包括的な提案書を作成するのに5週間しかありませんでした。

コンペは2つのフェーズに分けられていました。

   - フェーズ1(招待の1週間後)
   - フェーズ2(招待の5週間後)

フェーズ1締め切りはコンペに参加するよう招待されてからわずか1週間後であり、スタジオAAANはすぐに手描きの計画とセクションを作る仕事を始めました。

Wantijhof Dordrechtプロジェクトの初期のスケッチ。

Studio AAANは、いくつかの手描きのコンセプトデザインでこのコンペの最初のフェーズを(他の5つの企業とともに)通過させましたが、それでも取り組む必要があるデザインに関する重大な問題がいくつかありました。 次のステップは、SketchUpで3Dモデルを作成して表面をより正確に測定し、建物の容積をテストすることでした。

「もっと時間があれば、私たちはマケットを作ったでしょう」とWanders氏は言います。代わりに、SketchUpで建物のボリュームをテストすることにしました。 建物を機械のように機能させることを目的として、間取り図や断面図の作成が進行中でした。」

Wantijhof DordrechtプロジェクトのSketchUpモデル。

この作品がSketchUpで制作されている間、迅速な結果を得て、計画についてクライアントと話し合うために、3Dビューと標高計画は手でスケッチされました。

フェーズ2の締め切りからわずか1週間という時点でLumionが利用可能になり、WandersはLumionでシーンをセットアップして画像を作成することができました。

Lumionのレンダリングは、コンペの締め切り前の最後の週に使用され、建物についてのさまざまな見方と、地元の住民がどのようにスペースとやり取りできるのかが示されました。

すばやく制作されたこれらの画像は、コンペ応募の一部としてのみならず、プロジェクトの宣伝やバイヤーの探し始めのためにウェブサイト上でも使用されました。

Lumionによる3Dレンダリングがデザイン開発とクライアントコミュニケーションをどのようにサポートできるか

Lumionを使用した3Dレンダリングは、建築家にプロジェクトのフォーム、素材、雰囲気などの詳細な没入型ビューを提供するのに役立ちます。また、クライアントや他のオーディエンスといった外部との強力なコミュニケーションもサポートできます。

Studio AAANとWantijhof Dordrechtプロジェクトの場合、Lumionで具体化されたプロジェクトを見ることはプロジェクトに適した素材と色を決定するのに役立ちました。

さらに、SketchUpと組み合わせてLumionを使用することで、Studio AAANのアーキテクトは、コンテキスト、ライト、マテリアルなどに重点を置いてプロジェクトの複数のビューを示す説得力のあるデザイン提案をすばやくまとめることができました。

LUMIONで作成しコミュニケーションを取る

Studio AAANとHilbrand WandersはWantijhof DordrechtプロジェクトでLumionを初めて使用しました。Wandersが初心者のように感じたと話した一方で、それでも素材をすばやくインポートし、微調整して、詳細なシーンを設定できました。

「私がLumionを好きなのは、3Dレンダリングが建築家のツールボックスの一部であり、外部の団体によるサービスではないからです」とWanders氏は述べています。

短い締め切りに直面している場合でも、プロジェクトに足を踏み入れてスペースを感じるのに役立つ強力な視覚化ツールが必要な場合でも、Lumion を使用することで、仕事をより良く、より速く、より簡単に行うことができます。Lumionを自分で試すために、https://lumion3d.jp/postmail_trial/trial.phpで14日間の無料トライアルに登録できます