Lumion8

NEW IN LUMION

Capture your architectural vision in the best possible light

「スタイルボタン」は、Lumion 8の重要なツールです。それを押すだけで、一つのスタイルを選択するだけで驚きの効果があります。瞬時に、バランスの取れた光、深み、現実感を持つすばらしい画像が得られます。新しい「スカイライトデイライトシミュレータ」と、ソフトで細かい「シャドウ強化」。それらをオンにして、葉と草が劇的に写実的になるのを見てください。テーブルの下の影は、棚からの影が微妙で柔らかく表現されています。

Workflow power for faster, better results

Lumion 8は、新しい「手書き」という特徴的なアウトラインを使用して、建築デザインを明確に伝えることができます。建物の外観や家具のエッジを柔らかくし、肉眼レベルの4K解像度を使って、まるでそこにある模型のようなレンダリングすることで、生き生きとした外観のビデオを作成できます。オプションの隣に1つのオプション、「バリエーションコントロールエフェクト」を使用してどちらを優先するかを決めることもできます。素晴らしいシーンを簡単に作成できるようにオブジェクトをグループ化し、曲線上に配列するマス配置機能、新しい測定ツール、レイヤー効果など、多くの機能強化なされています。

styles-スタイル-

もうお気に入りの効果を手に入れるために探し回ることはありません。様々なエフェクトを「スライダー」で調整する時代は過ぎ去りました。Lumionのマテリアルと3Dオブジェクトを配列したら、即「スタイルボタン」をワンクリックし、内外部スタイルを選択してください。瞬時にバランスのとれたエフェクトの組み合わせを手に入れることができます。すぐにレンダリングしても良いし、スタイルを分単位で個別調整することもできます。これまで以上に速いワークフローを手に入れられことはできません。

VIEW TUTORIAL

Sky Ligh-スカイライト-

レンダリング準備はできましたか?「Sky Light」を追加していない場合は、仕上がりがどうでしょうか?Lumion 8に搭載された「Sky Light」は、特別に開発された1つのテクノロジーです。イメージの存在感やリアリズムと深みを与えます。「Sky Light」は、シーンの環境光をソフトにさせて且つ分散させる最先端の昼光シミュレータです。「ソフトシャドウ」と「ファインディテールシャドウ」とを組み合わせることで、これらの効果の相互作用を期待できます。葉や木は写真のように写り、人々、建物、風景が突然超現実的に変わります。

VIEW TUTORIAL

Spft and fine shadows-柔らかく、細かい影-

今まで現実的な影をデザインしてレンダリングすることは、最も難しいことの一つかもしれません。Lumion8では、シャドウ効果の一部として「ソフトシャドウ」と「ファインディテールシャドウ」をオンにすることで、レンダリングにリアリズムを注入することができます。即座に、影がより柔らかくなり、半影になります。何百もの「ディテールシャドウ」が用意されていますので、現実的な深み感を表現することができます。本物のもののように見える建築デザインを見ると、あなた自身、笑顔になるでしょう。

VIEW TUTORIAL

Hyperlight for videos-動画のためのハイパーライト--

ハイパーライトは、照明品質と精度を向上させるパワーブースターです。Lumion8では、ビデオモードにもレンダリング時にハイパーライト効果が適用できるようになりました。このハイパーライトは内外部のアニメーションにかかわらず、環境光と人工光を印象的でかつ現実的なメッシュでアニメーションをドレスアップします。素材とテクスチャを「ポップ」と見てください。建物、人、葉が周囲と密に表現されています。このハイパーライトを使えば、ビデオを一気に現実感を満ち合われた表現にもっていきます。

VIEW TUTORIAL

Personalize your render with new and improved
-新しくなったエフェクトでレンダリングを好きにパーソナライズできます-

Hand-drawn outlines (Pro Only)-手描きのアウトライン(Proのみ)-

Lumion 8では、デザインの形を「手描き」のアウトライン効果で明確に伝えることができます。フォトリアリスティック、スケッチ、またはアーティスティックエフェクトを適用して、建物の一般的な形と形状に焦点を当てます。それはデザインの外形を美しく簡単に表現させることができます。

VIEW TUTORIAL

Model and material variation (Pro Only)-モデルとマテリアルのバリエーション(Proのみ)-

木製の床と石の壁を入れ替えることがありますか?あなたのクライアントは、デザインAとデザインBどちらが好きですか?家の外壁やパティオを、マッチさせることは難しいかもしれません。Lumion8は、新しい「バリエーションコントロールエフェクト」のより、マテリアルとモデルの複数のオプションを簡単に比較することができるようになりました。クライアントは、「コンセプトオプション」の範囲を調整し、満足できる外観を選択することができます。建築家として、この機能は、最高の設計ソリューションを提案でき、クライアントに伝達するワークフローをスピードアップします。

VIEW TUTORIAL1

VIEW TUTORIAL2

Better color correction-より良い色調補正-

色合いがあまりにも寒そうですか? あまりに気だるいですか?露出がオーバーですか?ルミオン8では、新しく色補正の改善により、モデルに最も良い光線で選択して簡単に飾ることができます。暖かい気分になるために、色温度を調整してください。また色の濃さを調整して彩度を増やさないようにします。シャドウを少し明るくすることで、鮮明なコントラストを抑えることもできます。

VIEW TUTORIAL

Time Warp-タイムワープ-

カモメが丁度間違った瞬間に目の前に飛んできました。動いている人の腕が突然建物の正面に振り回されてしまいした。このような場合、Lumion 8の新しい「Time Warp」エフェクトを使用すると、アニメーションの人、動物、オブジェクトの小さな動きをシフトするための時間オフセットが実装しました。時間を逆に切り替えできます。 または転送もできます。アニメーションに出てくるオブジェクトを、適切なタイミングで正確な姿勢になるよう位置を調整できるようになりました。

VIEW TUTORIAL

New layer functions-レイヤーの新機能-

Lumion8では、レイヤー機能も改善され、以前よりも簡単に操作できるようになりました。編集モードや動画モードで選択したレイヤーを表示する際のワークフローです。デザインのサブセクションを異なるレイヤーに割り当てることで、デモのフェーズを編集することもできるようになりました。プロジェクトにかかわらず、この新しいレイヤー機能により簡単に操作することができます。

VIEW TUTORIAL

New and improved camera effects
-カメラエフェクトをアップデート-

Tilt shift (Pro Only)-チルトシフト(Proのみ)-

模型のように、コンピュータで生成されたレンダリングでは置き換えられないようなものがあります。Lumion8でこの新しい「チルトシフト」を適用することで、デザインをミニチュアワールドの一部にします。つまりLumionのモデル上の視点において、「チルトシフト」エフェクトが焦点を変更し、前景と背景をぼかします。このエフェクトは、CADモデルを本物の縮小版に変換するカメラエフェクトのようなものです。

VIEW TUTORIAL

“Look at fixed point” for the handheld camera effect-ハンドヘルドカメラエフェクトで「固定点」を参照できる-

デザインの最も重要な部分を見失わないために、印象的な一人称ビデオを作成してください。Lumion 8の新しい「ハンドヘルドカメラ」エフェクトは、「固定点を見る」オプションです。つまりカメラを単一のターゲットポイントにロックオンすることができます。

VIEW TUTORIAL

2-Point Perspective slider-2点透視スライダー-

Lumion 8の新機能である「2点透視スライダ」を使用すると、適用されている2点透視のアオリ程度を調整することができます。歪んだように見える建物外形線を細かく制御することができます。この効果は幾何学的に正確な外観を与え、現実的な外観を作り出します。

VIEW TUTORIAL

Intelligent scene editing with new build tools
-新しいビルドツールによるインテリジェントなシーン編集-

New grouping function-グループ化機能の追加-

木、植物、車、人々。 家具、照明、装飾など。この新しいグループ化機能を使用すると、複数のオブジェクトを1つにグループ化することができます。テーブルとその家具、植物とそのポット、またはランプシェードなど、正確に配列した状態を失うことなく、一つのグループとして一緒に回転、拡大縮小、移動させることができます。

VIEW TUTORIAL

Mass placement for curved shapes-曲線形状へのマス集団配置-

ランドスケープをする人、喜んでください!Lumion8では、マス集団配置機能を使用して、多数のオブジェクトを曲線上に即座に配置することができるようになりました。数回クリックするだけで、あなたのガーデンデザインの曲がりくねった曲線上に複数の樹木を配列することができます。CTRLキーを押しながらコーナーの滑らかさを設定するなど、好きな曲線の形にオブジェクトを配置できます。

VIEW TUTORIAL

New measuring tools (Pro Only)-新しい測定ツール(Proのみ)-

Lumion8の新しい測定ツールは、2つの家具間の距離を確認したり、庭園の周辺をチェックしたりしてすることができます。モデリングソフトウェアに戻らずに素早く測定することができます。この画面上の測定ツールを使用すると、距離を確認してモデルの精度とスケールを保証することができます。

VIEW TUTORIAL1

VIEW TUTORIAL2

New tools for OpenStreetMap-オープンストリートマップの新しいツール-

オープンストリートマップは、デザインを現実の環境に即座に配置するための素晴らしいツールです。 Lumion8では、インポートしたOSMビルを非表示にすることができます。 このようにすれば、NYCなどの大都市の中心にモデルを簡単に置くことができ、他の建物は視界に入れません。

VIEW TUTORIAL

New materials, objects and more!
-新しいマテリアルとオブジェクトなど-

Beautiful new water-美しい水の、新しい表現-

ウォーターフロントから市街の噴水、スイミングプールのある大邸宅まで、ルミオンは現実的な水を表現することに優れています。ルミオン8は、特異な状況に合わせてさらに多くの水の選択肢をバーで選択できるようにしました。水面自体はこれまで以上に現実的に見えます。表面は穏やかで、表面のリアリズム、透明性、波打ちなど、20種類の新しい水プリセットがあります。

VIEW TUTORIAL1

VIEW TUTORIAL2

Soften hard edges (Pro Only)-ハードエッジを柔らかくする(Proのみ)-

実生活では、表面のエッジは、通常わずかに丸みを帯びているか摩耗しているように見え、決して完全に鋭角ではありません。Lumion 8の新しい「エッジスライダ」を使用すると、モデルはより自然で風化した外観になり、物理的な家屋や建物をよりよく表現できます。隣接する面の端を滑らかにすることで、年齢と現実感を実現します。レンガ、コンクリート、木材などのコーナーも柔らかくします。

VIEW TUTORIAL

168 new realistic materials-168もの新しいリアリスティックなマテリアル-

Lumion 8では100種類のHD素材を含む、168種類の新素材が含まれています。現実の世界を「感じる」や「聞く」ことができ、予め設定された素材で即座にデザイン内に配置できます。このリアリズムなテクスチャで信じられないくらいリアルな街の歩道と石畳の通りを表現してください。 新しいコンクリート素材で素晴らしい景色を作り、驚くほどリアルなファブリックであなたのクライアントをインテリアに引き込んでください。細かいテクスチャマップを持つこれらの素材のよって、クライアントが直接壁に触たくなったり、リビングルームの革の匂いや、床を横切って移動する足の音を聞きたくなるくらいリアルな表現ができます。

Available in the material library-新しいマテリアルライブラリ-

・168種類の新マテリアル
・20種類の新しいウォータープリセット
・砂利や小石を含む17の新しい土壌タイプ
・51の新しい金属材料・15の新しいコンクリートおよび23の新しい石材
・12都市の通り歩道
・10新しい壁紙
・1ウェットガラス(プロ版のみ)

Lumionのマテリアルはすべて最高の品質で、風化、ソフトエッジ(プロ版のみ)などによってマテリアルの風合いを変更することができます。よってこれら新しいオブジェクト/マテリアルは、総数1,019個です。

New objects in the Content Library* (Pro Only)-新しいオブジェクトライブラリ(Proのみ)ー-

umion 8では、734個の新しいHDオブジェクトを追加しました。デザインに新しい命を吹き込みます。これらの新しいオブジェクトは、内装、外装、景観、都会の添景として、細部にまで及んでいます。例えば、美しい白樺とメイプルの木によって、プロジェクトがアメリカ、中国、ヨーロッパなどどこにあっても、現実的なジオロケーションベースのレンダリングが可能になります。住宅街や都市では、豪華なスポーツカー、アニマル・ドッグ・ウォーカー、動く自転車で喧騒を彩ることができます。インテリアを提案する場合、レンダリングに即座に「生きている」感じを与えるために、数百の新しい装飾品や食品類も用意しています。

Available in the content library*-新しいコンテンツライブラリー-

Lumion 8 Proでは734個の新しいオブジェクトを追加しました。
•形状と大きさの変更できる、世界中の74種の新しい樹種。
•高品質の装飾、ベッド、机、オフィスや家具、食べ物や飲み物など、595種類の室装飾品。
•パラボラアンテナ、ガラスの日よけ、情報サインなど26種類の屋外用品。
•男性、女性、子供、ペット(犬を含む)を含む25種類の新しいキャラクター。
•HD車、スポーツカー、自転車を含む14種類の新車種。
新しいオブジェクトはすべてHD品質です。この新しい追加により、Lumion 8コンテンツライブラリのオブジェクトの総数は4,395になりました。

*幾つかのコンテンツはLumion Proのみに収録されています。

New output and interface improvements
-出力とインターフェースのアップデート-

4K movie rendering-動画レンダリングの4K対応-

この素晴らしい4K解像度でレンダリングすることにより、「良い」を「超素晴らしい」に変換します。ルミオン8の新しい超高解像度ムービーレンダリング機能は、4Kスクリーンで作られたもので、今日入手可能な最高レベルの画像明度でモデルの光、影および詳細を表示させます。

Create your own object library-個人のオブジェクトライブラリ-

Lumionライブラリ内で、その品質とサイズが表示されます。今までオブジェクトをインポートすると、ライブラリがさらに大きくなり、必要なオブジェクトを取得するのに少し時間がかかることがあります。Lumion8では、独自のライブラリを作成し、インポートされたオブジェクトを検索しやすい形式で分類することで、ワークフローを容易にすることができます。数ヶ月前にインポートした3Dソファやレンダリングを完成させるために欠かせない装飾ボウルを見つけるのはほんの数秒です。

VIEW TUTORIAL

Save screen and dialogue improvements-保存画面とダイアログのアップデート-

Lumion 8では、新しく改良された保存画面とダイアログボックスにより、シーンファイルを正しいフォルダに簡単に整理できます。コンピュータ上またはネットワーク上にファイルを取得または更新してください。