LUMION3D 正規日本総代理店リビングCG

検索

エフェクト

シャドーの各種スライダーについて

情報共有・確認・不明点洗い出しを目的に書きます。
補足して下さる方がいらっしゃいましたらお願いします。

①「太陽の影範囲」:太陽による影の可視範囲。「○○m」はカメラからの距離。太陽の影を全てレンダリングする事はできない(重くなるから?)為、このスライダーを使って影のレンダリング範囲を適正な値に調節する必要がある。
例えば屋内や近景をレンダリングしたい場合はスライダーを最小値まで下げる事でカメラから156mの範囲が鮮明に表現される。
鳥瞰パースなどで遥か上空から広範囲のレンダリングを行う場合、値が最小のままだと影が消えてしまう。ここで例えば4000mに増やす事で、カメラ位置から4000mまでの範囲は太陽の影が表現される。(その代り、細部の影の精度は下がり、ボヤけた影になる。)

②「着色」:影に着色を施す。

③「明るさ」:影そのものの明暗を増減。

④「インテリア/エクステリア」:値が小さいと影が濃く(屋内用)、値が大きいと影が薄くなる(屋外用)。屋内/屋外で見た時の影の見え方の違いを表現。(→「明るさ」パラメーターとの違いはあるのでしょうか?)

⑤「omnishadow」:スライダーを上げると入隅の影が濃くなる?という解釈で宜しいでしょうか。

⑥「シャドー補正」:影がちらついたり、奇妙に見える場合に使うと影が補正される。

⑦影のタイプ「法線」「シャープ」「鋭い影」:影のレンダリングの鮮明さが変わる。

⑧「soft shadows」:影をやわらかくレンダリングする?

⑨「Fine Detail Shadows」:不明
返信

2018年4月12日  投稿者  Nakamura

LumionOpinionBOXのご利用を頂きましてありがとうございます。
ご認識頂いている内容でよろしいかと思われます。ですが一部補足説明をさせて頂きたいので下記をご覧ください。
そして頂いた①~⑧についてはこのチュートリアルを併せてご覧ください。→https://lumion.com/tutorials.html#applyingeffects


④「インテリア/エクステリア」 → ③の「明るさ」と掛け合わせて共にスライダーを調節して表現していくものです。影の明るさの微妙なニュアンスを表現していきます。

⑤「omnishadow」 → 入り隅に限らず、細かなディテールまで表現していきたい箇所に使用します。

⑧「soft shadows」 → 影の輪郭を柔らかく表現していきます。

⑨「Fine Detail Shadows」 → 特に小さなオブジェクトにまで影を詳細に表現したい時に使用します。 例えば、草原で一本いっぽん草の影を細部まで表現したい場合に顕著に表れます。
                Fine Detail Shadowsについてのチュートリアルはこちらをご覧ください。→ https://lumion.com/what-s-new.html#softshadows
Follow US
YouTube
© 2017 LivingCG.

Lumion Opinion Box に投稿する

公開

非公開