LUMION3D 正規日本総代理店リビングCG

検索

エフェクト

ハイパーライトの効果について教えて下さい

ハイパーライトというエフェクトがどのような効果をもたらすのか、解説やチュートリアル動画などを見ても未だ理解できていません。
ハイパーライトのスライダー値を変えながら各々レンダリング画像を見比べると、確かに光の表現が大きく変わっているのは解るのですが、

何がどういう仕組みで違っているのか、効果の特性が理解できておらず、用途に応じて使い所を見極めるのが難しいです。
(使っておけば綺麗になるだろう、というアバウトな認識でとりあえず入れる事が多い。反射光らしきものも表現されていますが、グローバル・イルミネーションとは違いますよね)

すみませんが改めて詳しく教えて貰えますでしょうか。
返信

2018年3月19日  投稿者  YUKI

tomaru様

ご投稿ありがとうございます。

エフェクトの「ハイパーライト」についてですが、Lumion7シリーズ以前のカメラモードにあった「ハイパーライト2」がエフェクトとして組み込まれました。
(エフェクトに組み込まれたことにより、ムービーモードでも使用できるようになりました。)

グローバルイルミネーション(GI)は光源(ライト)の光を拡散して美しく見せてくれます。
光源1つひとつを調整できるので、光の強弱(濃淡)を表現したり、夜の室内を表現する際に適しています。
ハイパーライトは室内を全体的に明るく表現してくれます。昼夜問わず室内の表現で活躍します。
ですが、光源1つひとつを調節することは出来ないので、光の強弱(濃淡)を表現する場合はGIをご利用ください。

2018年3月23日  投稿者  tomaru

一般投稿
どうもありがとうございます。
つまりGIとハイパーライトの違いは、反射・拡散シミュレートを適用できる光源を選択できるのがGI、自動で全て適用されるのがハイパーライトで、
本質的には同じ機能(プローブ光を配置して光の反射・拡散を再現する)という理解で合っていますでしょうか。
Follow US
YouTube
© 2017 LivingCG.

Lumion Opinion Box に投稿する

公開

非公開