LUMION3D 正規日本総代理店(公式サイト)リビングCG
第三回LUMION Competition Japan 審査結果発表
テーマ

 

Dreams to Realities.
カンボジア/キリロムリゾート舞台に、魅力的な建築物を考える

最優秀賞

テーマ:コミュニティホール

【大和ハウス工業株式会社】石塚隆之様、モラ・エンジェル様、鈴木晶子様

副賞:オランダ旅行招待(1名)HTCVive(1名)HPステーション(1台)LUMION7 Pro(1ライセンス)

プレゼンテーションの様子>>
受賞後インタビュー>>

作者が伝えたいこと

 

森の中の図書館とコミュニティーホールの計画です。樹々の隙間を縫うように配置された有機的な回廊空間は、できる限り樹木を残すように計画しています。回廊の両側には本棚を配し、森の中を散策するように本の木漏れ日の中をぐるぐる歩き回りながら探索することができます。オープンカフェ・閲覧スペース・ワークスペースは回廊の途中に配置されており、選んだ本を好きな場所で読むことができます。リング状の屋根の下、ポリカーボネートで囲まれた室内空間とテラス空間とを交互に一巡することができ、より身近に外部環境を感じられるよう計画しています。回廊によって切り取られた中庭空間には、敷地の傾斜に沿って階段状に配置されたウッドデッキが設けられていて、オープンな環境でみんなが集まることのできる、コミュニティーホールとなっています。樹木や地形などの自然を活かし、環境に寄り添うようなみんなの場所を目指します。

映像クリエーション賞

テーマ:ヴィラ

【株式会社日建ハウジングシステム/株式会社日建設計】池田裕紀様、大庭拓也様

副賞:カンボジア旅行招待(1名)LUMION7 Pro(1ライセンス)

プレゼンテーションの様子>>
受賞後インタビュー >>

作者が伝えたいこと

 

キリロムの原生林にあるヴィラ。既存樹木をよけながら、湿気対策で持ち上げられたボリュームはまるでカンボジアを象徴する蓮の花のような面もち。持ち上げられたボリュームは、「new nature elevated structure(大地を増殖させる構造)」により構成され、建物のあらゆる場所に植物の生育が可能となる。躯体内に充填された土は太陽光パネルで集水された雨水を地下へと浸透し貯水、その過程の中で建物内部の温熱環境を調整する。ヴィラ群からなる広大なランドスケープは、人間の豊かな居住空間を提供しながら、同時に多様な動物や生物の生息域となる。人間、動物、生物との新しい関わり合いにより、真のゼロエミッションが実現し、次世代へとつながる新しい原風景が生まれる。キリロンの原生林にあるヴィラ。ここは美しく、雄大で、そして心温まる場所。大地と建築、自然と人間をつなぐ全生命の住処。「地球ヴィラ」。

空間デザイン賞

テーマ:コミュニティホール

【芝浦工業大学大学院】大内逸平様、越山幸治様

副賞:カンボジア旅行招待(1名)LUMION7 Pro(1ライセンス)

プレゼンテーションの様子>>
受賞後インタビュー>>

作者が伝えたいこと

 

キリロムは文化的価値が上がり、経済的、社会価値向上への波及が見込まれる。一方で、その影響により日常の風景や記憶、体験が薄れていってしまうのではないだろうか。そこで、キリロムで生活する人、あるいは観光で訪れる人に今一度キリロムの風土を体感させたいと考え、五感で体感するコミュニティホールを提案する。風光明媚な自然環境と厳しい気象条件を併せ持つキリロムの風土は、固有の文化、生活様式に深く影響を与えてきた。訪れた人々は、地形に沿った光と風の溢れる諸空間のシークエンスとプログラムによって、自らの五感を研ぎ澄ませ、キリロムの風土と人々が織りなしてきた歴史的な知を体感する。本コンペでは、自然・社会環境の変化の中で、人々がより人らしく振る舞うために、建築が成し得る可能性を探る設計プロセスを歩んだ。Lumion7を利活用し、キリロムの固有の環境情報を可視化し、それらを建築空間に統合することで純粋な空間体系を探った。

Student賞

テーマ:ヴィラ

【慶應義塾大学】鈴木貴晴様、武藤真理子様、松井くらら様、戸田佳乃様、武田佳子様

副賞:カンボジア旅行招待(1名)LUMION7 Pro(1ライセンス)

プレゼンテーションの様子>>
受賞後インタビュー>>

作者が伝えたいこと

 

東南アジア地域の未来に向けた、自然とつながる豊かな生活を実現するエコハウス「stem+leaf house」。樹木のようなデザインは別荘地の景観を豊かにするだけでなく、実用性を備えています。コンパクトに電気・水回りの機能を収め、運搬可能にしたことで全体を工業製品化した六角形の「幹」と、現地調達可能な素材・竹でできた居室「葉」をその周りに配置する設計システムは、先進国からの技術提供や施工が容易なだけでなく、基本性能を保ちながらもニーズに合わせた形態的バリエーションの展開を可能にしました。風通しがよく排熱しやすい断面形状と、HEMSのよる用途区別と優先順位管理による省エネルギーな水資源利活用、停電やエネルギー不足のリスクへ対応できる直流電力マイクログリッド構築による地域内での電力融通で、地域に即した省エネ性能を有しています。stem+leaf houseのもつ、自然とテクノロジーの融合の姿を、映像の中で表現できるよう試みました。

審査員特別賞

テーマ:コミュニティホール
【大成建設株式会社】佐藤 凌様

テーマ:ヴィラ
【大成建設株式会社】道ノ本 健大様

テーマ:コミュニティホール
【大成建設株式会社】
田中敬之様

テーマ:コミュニティホール
【株式会社日建ハウジングシステム】
王ハイニ様

副賞:1万円分のamazonクーポン券
リビングCG特別賞

イノベーション賞

テーマ:自由題
【株式会社日建設計】
佐々木大輔様

チーム賞

テーマ:コミュニティホール
【伊藤喜三郎建築研究所】
栗林宏至様、大室真悟様、山口尚哉様、山嵜舞様

副賞:JTB旅行券3万円分
ノミネート作品
副賞:1万円分のamazonクーポン券