LUMION BLOGFEEL THE SPACE WITH LUMION

2018年4月24日

フォトマッチング、ドローンなど

シアトルに拠点を置く設計の可視化に特化した建築設計会社フューチャーグラフィックス社による、Lumionが街の風景を素早く撮影してどのようにレンダリングするかをご覧ください。

画像

センターステップアパートの航空写真をドローンで撮影し、アパートをLumionのレンダリングと合成した写真です。(フューチャーグラフィックス社

 

設計上の3Dレンダリングでは、コンテクストが重要になります。

確かに、クライアントは建てる前にどんな建物になるかを見たいと思っていますが、一部のクライアントはビルの近隣の建物も見たいと思っています。さらに他の人は、建物からの風景がどのようなものかを知りたいとも思っています。

レンダリングを準備するとき、現実的な状況を達成するための1つの方法は、木、茂み、車、人、バス停、他の建物などで完全にリアルな環境を作り出すことです。

また、Lumionはコンテクスト構築を非常に迅速かつ簡単なプロセスにしていますが、レンダリングされた建物のまわりのリアルな環境を取り組むことです。

以下は写真マッチングです。

画像

高層ビルの写真マッチングの様子です。写真で周辺を撮影し、建物のLumionのレンダリングと一致させたもの。

 

写真マッチングは、写真にレンダリングを挿入し、これらの2つの要素を結合して、計画されたサイトのコンテクストでモデルをリアルに配置するために使用されるテクニックです。

このブログ記事では、シアトルに本拠を置くアーキテクチャーレンダリング会社のフューチャーグラフィックス社創始者であるMatt Fuhr氏とLumionの写真マッチングの利点とプロセスについて説明します。

フューチャーグラフィック社との写真マッチング

フューチャーグラフィックス社は、魅力的で現実的なレンダリングをすばやく作成しています。シアトルや他の地域では、通りから建物を撮影しているマットを見つけることができます。また、上を見上げると、空から撮影中のドローンを見ることができます。

マット氏は、写真マッチングが会社の顧客のためにレンダリングされるとき、「この技術を使用して、都市と一般市民がプロジェクトにとりかかれるように、より正確かつ現実的な状況を把握しています。」

画像

写真に一致するシアトルセンターアパートメント。Lumion8でレンダリングされた建物。

 

シアトル市のレンダリングを作成している間、マット氏は、地域内のランドマーク、お店などを実際に見たときにさまざまな近隣のデザインレビューボードが本当にうまく反応することを発見しました。

写真マッチングによる時間の短縮方法

"通常、建築家は私たちに建物と歩道を含む3Dモデルを送ります。私たちが写真マッチングをするとき、まずやるべきことは現場の写真を撮ってから写真をLumionとマッチさせるだけです。これは、街路、建物を取り巻くモデル、およびサイトの範囲外にある他のすべてをモデル化するのにほんの少しの時間で済みます。"

以下は、建築コンテクストのモデリングとサイト写真の使用の違いを示す2つのレンダリングです。

画像

周囲のコンテクストをモデル化しレンダリングして作成された画像。

画像

オンサイトの写真とのマッチングを行います。

"3D環境をモデリングするのではなく、Lumionとレンダリングした写真を保存する時間は、多くの海外のレンダリングを行う企業で時間短縮をすることができました。"

ドローンを使ってサイトの写真を撮る
 

写真マッチングのもう1つの利点は、建物をリアルに見られて、実際に建築されたときを想定し、体験することができることです。これは、写真マッチングがドローンから撮影した画像でレンダリングする場合に特に当てはまります。

画像

アパートの写真マッチングです。ドローンで撮影した写真、Lumionでレンダリングされた建物。

 

マット氏によると、"開発者は、投資家がプロジェクトに資金を調達するための航空写真を探している企業が増えています。プロジェクトの最初のイメージで、建物が周辺の街に溶け込んでいるのは非常に印象的です。"と答えました。

画像

"この建設プロジェクトがこれらのランドマークや街の近くにあることがわかります。人がどこに向かうのかを把握し、単にそれを見るだけでなく建物がこのブロックにどのように影響するのか。それは建物がどれくらい占めるというよりも、大きなエリアにちゃんと収まるかを表しています"

フューチャグラフィックによる写真マッチング処理

プロセスに関してマット氏は、プロセスの最も重要な部分は写真がレンダリングを満たすエッジをぼかしていると言いました。

"3Dモデルと写真を融合させるポイントは、影のラインなのでレンダリングをカットしてデジタルを使用してそれをマッチングするのは本当に簡単な作業です。モデルの歩道を実際の歩道と組み合わせたり、シアトル周辺のほとんどのプロジェクトが歩道と歩道の境目に違和感を無くすため、景観植栽を設置します。"

画像

色を調和させ、Lumionでレンダリングされた建物が写真と完全に絡み合うように、マット氏はレンダリングの作業に適した時間に写真を撮ります。

しかし時には彼は最初にLumionにモデルで影を調べるために陰影の分析を事前にしておきます。彼はまた、どのように建物を照らすべきか、そして現場に行って写真を撮るのに最適な時間帯を把握するのです。

「影を正しい方向に付ける事は、常に大事な鍵です。」

画像

写真に一致するシアトルセンターアパートメント。Lumion8でレンダリングされた建物です。

撮影された写真ではマット氏は、写真でLumionのビューポートを並べるために、本質的にデジタル製図用紙であるOn Top Replicaというプログラムを使用します。

写真マッチングやレンダリングに関するヒントをもっと知りたいですか?

Lumionサポートセンターは Lumionユーザーである数多くの建築家や設計事務所、フューチャーグラフィックス社のように、レンダリングおよびレンダリング技術を有する人達が情報共有をすることができるフォーラムです。是非ご覧ください。

Lumionを試して、無料トライアルをダウンロードしてください。